Loading

お粥食堂こはるとは

What`s KOHARU?

障がい者ともてなす高齢者向け食堂

ご飯は毎日いただくもので、食べたものにより人の身体は作られていきます。
心を込めて食べるご飯もあれば、まるで作業のように作られたご飯もある。
高齢化社会が進むにつれ、高齢者の孤立・孤食が問題となっています。
お粥食堂こはるは高齢者が安心して集まれる居場所を創るため、
身体にやさしい中華粥を提供する高齢者向け食堂を開催します。
"健康"と"美味しさ"と"繋がり"をこはるから生み出していきましょう。

冷えの解消を目的とした、
薬膳をトッピングした中華粥を提供

高齢者には健康に関心が高い人が多く、そして健康の最大の敵は「冷え」です。体が冷えると、免疫力の低下・自律神経の乱れ、うつ傾向の恐れが強くなるため、薬膳をトッピングした中華粥で冷えを解消し、体の芯から暖めていきましょう。

健康的な”食事”を通じて、
高齢者の心の孤独を解消

高齢化社会が進み、老人の社会からの孤立・孤独死が問題となりつつあります。人間は居場所を失うと、生きる気力を見失いがち。こはるではご飯を食べ終わった後ものんびりくつろいで頂いて構いません。ここがあなたの居場所となるように。

精神障害を抱える方達と
共にこはるを運営していく

お粥食堂こはるは、精神障害を抱える方達をサポートするグループホームが運営しています。障がい者の社会参加の機会として一緒にこはるを開催し、調理補助係や配膳係、高齢者とのお話し係など高齢者を癒す活動を行なっています。